Global Game Jam 2020 in asobu

こんにちは、asobuのコミュニティーマネージャーのアンです。

asobuを開いた時から、いつかGlobal Game Jamの会場になりたいなーと思っていました。そこで、asobuが発足して数ヶ月が経ち、いよいよ1月31日に14人の参加者が集い、初めてゲームジャムを開催したということもあり、こぢんまりとした雰囲気で少人数でいべんとを迎えることができました。

Hi there — this is Anne, asobu’s community manager.

When we started asobu, we had already in our minds the idea of hosting a Global Game Jam. In January, a few months after asobu’s launch, we achieved this objective with 14 participants coming to the space to take part of the Game Jam in a low-key, cozy atmosphere, intended to leave enough space for all participants to let their creative juices flow.

今回のGlobal Game Jamにご参加いただいた方は14人とはいえ、非常な多国籍となり、日本、韓国、中国、台湾、ポーランド、ドイツ、フランス、メキシコなど、グローバルで賑やかなイベントとなりました。中には、ゲームジャムの経験がある人が少なくなく、コミュニケーションが日本語を中心に、英語が混ざる時もありました。

イベントが開始して間も無く、簡単なプレゼンテーションと参加者の自己紹介を済ませた後、4つのチームで分けて、早速ブレストに突入しました。気になる今年のテーマも、世界同時に発表され、「Repair」(修繕・修理)という一つのキーワードで各チームがオリジナルなゲームの制作に取り組んでいきました。

Our 14 participants for this edition included a majority of people working in the game industry, either in companies or as indies, and coming from various countries: Japan, South Korea, China, Taiwan, Poland, Germany, France and Mexico. Most of the participants had experience participating in game jams before — and used Japanese as the main language to communicate.

After a brief presentation, the participants quickly proceeded to introduce themselves and split into four teams, ready to start brainstorming towards the creation of their original games, under this year’s theme: “Repair”.

イベント初日・22時半ごろ、各チームが自身のゲームのコンセプトを発表する場を設け、それぞれのオリジナルアイディアが順番に発表されました。そこで、イベント開始からさほど時間が経過していなかったこともあり、コンセプトがはっきりしているチームもいれば、その時点でまだ見当が付かないチームもありましたが、その流れで夜12時に終電の時間に合わせ、イベント初日の幕を閉じました。

Around 10:30 p.m., we held our first pitching session, where each of the 4 teams presented the type of game they were aiming at. The event had only gone of a few hours by this point, some teams had already an advanced concept to work on, while some were still exploring their range of options. Midnight marked the end of the 1st day of the event.

今回のGlobal Game Jamに参加していただいたチームはこちら:
Here is an introduction of the teams that took part of our Global Game Jam:

チーム「Ouch!」
横山さん(趣味でドット絵を始めた某ゲームスタジオ、プログラマー)、たかちんさん(プログラムが堪能で、東京藝術大学でサウンドとVRを研究)、Shiftyさん(フランス出身・某大手ゲーム会社、プランナー)、Tobias(ドイツ出身・某ネットショップ運営及び配信会社、ソフトウェアエンジニアー)で構成された4人チーム。
最初のブレスト中、多くのコンセプトが出たとのことでしたが、最終的に 『Doctor Ouch!』というリズム歯医者シミュレーションゲームに決めて、プラットフォームもなんと・・・ゲームボーイ!

Team “Ouch!”
A four-people team that gathers Yokoyama (programmer in a major game studio & pixel art hobbyist), Takachin (researcher in sound & programming at Tokyo University of the Arts), Shifty (French game designer working for a big Japanese game company) and Tobias (German software engineer.).
After brainstorming and gathering a ton of concepts, the team decided to make “Doctor Ouch!” a “rhythm-based dentist simulation” made on… Game Boy.

Team Ouch!

チーム「Doggo」
せいじさん(大手ゲーム会社のUI/UXデザイナーの傍ら、asobuでインディーゲームも制作中)、りょうへいさん(ゲーム会社でエンジニアを務める、ゲームジャム30回以上を経験)、そしてAhnさん(韓国出身・大手ゲーム会社で勤務)で構成されているチームです。技術者を中心としたチームでブレスト中、コンセプトを決めるのに少し苦労されたということです。その作品は、『Out of Order!』というゲームでアニメーションのカーブを直すというコンセプトのゲームです。

Team “Doggo”
The team is composed of Seiji (UI/UX designer for a big game company who is also working on an indie game at asobu), Ryohei (programmer for a game company who attended more than 30 game jams) and Ahn (from South Korea and working in big game company). Very tech-oriented, the team struggled at first during the brainstorming phase to shape the concept of their game, before ultimately coming up with ”Out of Order!”, a game where the player has to “repair” the animation curve of the game.

Team Doggo

チーム「Family」
メンバーはヤマトさん(某ゲームスタジオ・プログラマー)、丸山さん(asobuのメンバーで、シンガーソングライターや絵も描くという多彩なアーティスト)、Ilanさん(メキシコ出身・プログラマー)とJohnさん(台湾出身・ゲーム専門学校にて留学中)で構成されているチーム。その作品は『Family』というゲームで、家の中の家族関係をテーマとしたゲームになっています。ただし、イベント3日目の日曜日に、『Family』のコンパイルに問題が発生したため、急遽ヤマトさんと丸山さんがもう一つのゲーム、『Oden』 という作品を制作しました。

Team “Family”
With Yamato (programmer in a famous game studio), Mika (singer/songwriter, game artist & asobu member), Ilan (programmer from Mexico) and John (game school exchange student from Taiwan), this team decided to make “Family”, a game themed around family relationships. However, on the event’s final day, the team ran into some trouble; ultimately leading them into developing a second game about “Oden”, a traditional Japanese dish.

Team Family

チーム 「ギリギリーブルブルードキドキ」
濱田さん(ギフト10というインディーゲームとボードゲームのスタジオを立ち上げた後、最近任天堂Switchで本物の紙を使った『紙謎』や『マドリカ』というゲームをリリースしているゲームクリエイター)、Moriaさん(中国出身・留学生で、なんとイベント2日目の土曜日の朝に多摩美術大学の受験に受かったという手紙が届いたという!おめでとうございます!)で構成されたチームです。こちらのチームは、GGJの公式テーマに沿わないことを決め、GGJの3日間の間にゲーム3本を作ると決めました。全てのゲームのテーマが「Accessibility」となっており、目の不自由な人でも遊べるようになっています。その作品の名も、『Audio Party Pack 3』というゲームになっています。

Team GIRIGIRI-BURUBURU-DOKIDOKI
This duo composed by Hamada from the small indie studio Gift-10 who’s making board games and indie games (recently released “Kaminazo” on Nintendo Switch, a game that comes with papers and memo you have to use to clear the puzzle, or “Madorika”) and Moria, a Chinese exchange student who received her acceptance letter to a famous Japanese art university during the jam (Congratulations!).
They choose not to stick to the official theme and make one mini-game for each day of the jam. Focused on accessibility, the three games should be playable by people with eyesight disabilities through a refined sound design. The games were presented under the name “Audio Party Pack 3”.

Team GIRIGIRI-BURUBURU-DOKIDOKI

「チームJakub」
ポーランド人のゲームクリエイターのJakubさんが一人で開発すると決めたワンマンチーム。今回、Jakubさんは『Re-line』というミニマルリズムゲームを作りました。

Team Jakub
Jakub, a game creator from Poland decided to work alone during that jam. He made a minimal rhythm game called “Re-line”.

Team Jakub

イベント2日目・土曜日の朝、9時から12時まで参加者がゆっくり次々とasobuに来ました。

実際、GGJには締め切りが一つしかないのですが、途中で「α版発表会」を作るなど、マイルストーンを設定することが推奨されています。そこで、我々は当初「α版発表会」を16時に設定していたところ、チームの進捗状況を考慮した結果、19時30に後ろ倒しすることにしました。その日は、チーム 「ギリギリーブルブルードキドキ」が作品のために悲鳴を収録する必要があり、3人が頑張って悲鳴を挙げているのが印象に残りました。日が暮れると、asobuの設立者のチャオさんが遅番を担当し、チーム“Family” を手伝うために自ら参加し、ドット絵の風景を描いてアシストしました。

悲鳴絶賛録音中の濵田さんと丸山さん — Hamada and Maruyama recording screams

On Saturday morning, development started slowly with participants reaching the asobu space between 9:00 a.m. to 12:00 p.m..

There is only one real deadline during GGJ, but participants are advised to run some alpha version or beta version presentations. Our first objective was to have the alpha version ready for 4:00 p.m., but we wanted to remain considerate of the progress of each team and ultimately pushed the deadline 7:30 p.m.. Among the many memories we keep of that day, it is worth noting Team GIRIGIRI-BURUBURU-DOKIDOKI’s efforts into recording screaming sounds for their game, and the 3 of them trying their best for this performance. Chao, asobu’s co-founder, joined in the afternoon and helped the “Family” team by drawing some pixel art for the game himself.

いよいよイベント最終日の日曜日。チーム“Family” にはトラブルが発生し、ゲームがうまく書き出せないという不具合が起きたので2時間だけで代替えのゲームの”Oden”というゲームを作ることになりました。チームメンバーでの交流し、クリエイティビティを活かすということがGlobal Game Jamの醍醐味ですが、発生する問題に臨機応変するのも問われるスキルの一つとなっているのです。

On Sunday, the final day of the jam, “Family” team had some trouble with their game and decided to quickly make a second game called “Oden” as a backup, all in a mere two hours. We see Global Game Jams as a great way to enhance collaboration and express one’s creativity. It was also interesting to notice how it also required skills such as quick problem-solving.

緊急Oden制作-Making Oden in a hurry

結局のところ、「Family」チームが15時〜17時の間にゲームを2本とも無事にアップロードできました。

In the end they’ve been able to finish and upload both games between 15:00 and 17:00 like everyone else.

チームFamilyはゲームアップロード中 - Team Family uploading the game
ゲームエンディング制作過程と音楽プログラムチェック中(ゲームボーイということもあり・・・)のチームOuch! — Team Ouch! checking the sound programming (yes, Gameboy…) and drawing end screen.
できたー!Done !

17時には、公式な締め切りを迎え、参加者全員で集まりそれぞれのチームが自身のゲームを紹介しました。

Around 17:00, the official deadline, everyone gathered to showcase the games.

その後は・・・2日間の尽力のご褒美として、ピザとゲームで打ち上げタイム!

After a long two and a half days of work, it was time for a well-deserved pizza and game time!

We would like to thank all the participants again for coming, while we plan for future game jams to be held at asobu.

改めて、参加者の皆さまありがとうございました!これからもasobuでオリジナルな企画を含めゲームジャムを開催していきたいと思いますので、またのご参加をお待ちしています!

Rediscover the games under the following link:
ゲームは下記のURLで見ることができます:
https://globalgamejam.org/2020/jam-sites/asobu/games

asobuは渋谷にある独立系ゲームクリエイターのためのコミュニティーハブとワーキングスペース。 asobu is a community hub and working space for indie game creators in Japan. https://asobu.dev/

asobuは渋谷にある独立系ゲームクリエイターのためのコミュニティーハブとワーキングスペース。 asobu is a community hub and working space for indie game creators in Japan. https://asobu.dev/